尾道(13)

さて尾道3日目の11月3日。
しまなみ海道を渡って今治まで行く。
有料道路でおそよ1時間の道のり。

6つの島を通る。
向島(むかいじま)から因島(いんのしま)、生口島(いぐちじま)までが尾道市。
そこから先大三島(おおみしま)、伯方島(はかたじま)、大島(おおしま)が今治市だ。
それそれの島の間には橋が架かっており原付や自転車、歩行者も渡れるが有料だ。
結構自転車で渡っている人が多い。

途中でいくつかパーキングエリアやサービスエリアがありそれぞれに眺めが良い。
生口島のパーキングエリアでトイレ休憩。
そして大島から四国本島へ渡る来島海峡大橋がしまなみ海道で一番長い橋で渡り切ると来島海峡サービスエリアがある。
因みに四国本島側から尾道方面へ向かう時はこのサービスエリアは利用できない。
尾道方面から今治方面へ向かう場合は是非とも利用してみたい施設だ。

来島海峡サービスエリアにはお土産コーナーや売店、食堂があり混雑していた。
また2階に展望台があり来島海峡や橋が一望できる。
以前来たときにはここに寄り損ねてしまったので今回が初めてだった。
売店でじゃこ天を買って食べた。
とても美味しかった。
ビールが飲みたくなったが運転があるのであきらめた。
P1020634.JPG
来島海峡サービスエリアを出てすぐの今治北インターチェンジで降りて今治城へ向かう。
国道317号線を走ると10分くらいで到着。
周りを堀で囲まれた城だ。
天守まで階段で登る。
結構キツイが今治市内が一望できる。
P1020643.JPG【渡ってきた来島海峡方面】
尾道から1時間ちょっとで今治に来れる。
広島県から愛媛県というとすごく遠いイメージだが来てみると近い。
新潟から来るときに北陸道で新潟から富山に出るまで2時間かかることを考えると本当に近い。
まあ新潟県が長すぎるのかもしれないが。

どこかでお昼を食べようと思い、今治の名物は何かなと考えたがタオルが頭に浮かぶが食べ物が出てこない。
自分の知識のなさにあきれる。
帰りの道沿いに回転ずしのお店があったのでそこで済ませることにした。
何とも風情がないが寿司も美味しかった。

尾道に戻ってくると本町商店街はベッチャーまつりが大盛況という感じ。
この人たちは何処から出てきたのだろうというくらい沢山の人。
お神輿が練り歩きソバ、ベタ、ショーキと呼ばれる鬼に扮した氏子が特に子ども達持っているささらで叩いたり神棒で突いたりする。
ささらで頭を叩かれると頭がよくなり神棒で突かれると子宝に恵まれ、1年間無病息災が約束されると言われているそうだ。

ホテルに一旦戻って今度は夕食に出かけよう。
昨日の穴子の炭火焼きは白いご飯によく合ってとても美味しかった。
今日は何を食べようか。






阿藻珍味 尾道ラーメン 7食
阿藻珍味 尾道ラーメン 7食
【ふるさと納税】無添加&無着色!尾道産「無花果ジャム」2本セット<2020年6月30日販売終了> - 広島県尾道市
【ふるさと納税】無添加&無着色!尾道産「無花果ジャム」2本セット<2020年6月30日販売終了> - 広島県尾道市

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント