アルビ観戦記11月24日

今シーズンの最終戦。
相手は長崎。

長崎には新潟のレオナルドとJ2得点王争いをしている呉屋がいる。
しかしこの最終戦は先発メンバーに入っていない。
ベンチスタートだが必ず出てくると思う。
DSC_0043.JPG
新潟はいつものメンバー。
控えに先日対談が発表された矢野と野沢が入っている。
こちらも出番があるはずだ。
DSC_0042.JPG
前半は新潟の時間帯と長崎の時間帯が交互に繰り返される。
双方ともボールを繋いでゴール前に行くが最後のパスがクリアされたり、サイドでボールを奪われたりしてなかなか決定的な場面をつくれない。
遠目からのシュートも枠を捉えられない。
それだけ新潟も長崎も守備でブロックを作って攻め込ませない。
DSC_0045.JPG
流れからのチャンスが少ないのでコーナーキックなどのセットプレーに期待だ。
今日の新潟はキッカーを本間至恩が務める。
高いボールを蹴ったり低く早いボールを入れたりとバリエーションがある。
きっと練習でいろいろとやっているのかなと思った。
DSC_0046.JPG
双方を奪えずに前半終了。
スマホで他会場の経過を見ると柏が京都を相手に4-1だ。
しかもオルンガが前半でハットトリックを決めている。
前節で昇格とJ2優勝を決めた余裕なのか。

後半開始早々新潟にチャンスが訪れる。
3分MFシルビーニョが左サイド深くへボールを運ぶと中央にいたFWレオナルドへパス。
レオナルドはシュートを狙うも相手DFに付かれてシュートを打てないため右のMF渡邊新太にパスを出す。
これを渡邊がワンタッチでレオナルドへ。
右に流れ前が開いたレオナルドのシュートは豪快にゴール左隅に突き刺さる先制弾。
きれいなパスワークでのフィニッシュ。
DSC_0047.JPG
11分長崎はコーナーキックからのこぼれ球をDF米田がクロス。
これに反応したDF高杉が合わせてゴールネットを揺らす。
やられたと思った。
しかしこれがオフサイドの判定。
得点ならず。
長崎の選手は主審と副審に詰め寄るも判定は変わらず。
こういう場合絶対に変わらないよね。
続く13分中央ペナルティーアークの外からMF秋野のシュート。
新潟GK大谷がはじいたボールにフリーで詰めていたMF吉岡が左足でシュート。
やられたと思った瞬間ボールはゴールポストの左へ流れゴールならず。
決定的な場面だったがうまく足にヒットしなかった模様。

すると16分の新潟。
右コーナーキックを得てキッカーは本間。
低いライナー気味のボールを入れると一旦ファーに流れ相手を振り切ってほぼフリーになっていたDF大武が頭で合わせてゴール右隅にこれまた突き刺した。
新潟2点のリードを奪う。
DSC_0048.JPG
大武は守備よりも攻撃での活躍が目立つ。

18分長崎はFW玉田に替えて呉屋を投入。
前線からのチェイシングが強い。
DSC_0054.JPG
26分の新潟。
右サイド渡邊新太がボールをキープし中央寄りのシルビーニョにパス。
シルビーニョは相手陣内ほぼ中央にいたレオナルドにパスを出して相手ゴール前に走る。
パスを受けたレオナルドは縦パスを入れる。
相手DFの間でほぼフリーでパスを受けたシルビーニョはGKと1対1となりシュート。
やったと思った瞬間ボールはゴールポストの右を抜けてゴールならず。
決定的だった。
なぜ入らないかわからない。

後半31分新潟はシルビーニョに替えてFW矢野貴章を投入。
矢野がボールを持つと一段と声援が大きくなる。
39分にペナルティーエリア右でボールを受けた矢野がシュート。
決まったかと思われたがボールは左へ流れてゴールならず。
スタジアムは大きなため息へ。
ここで決められないのが矢野貴章。
決めてくれよ。

43分の長崎。
新潟陣内ほぼ中央でボールを受けたDF米田が寄せに来た本間至恩をかわして右足でシュートを振りぬくとボールは新潟ゴール左隅へ。
GK大谷が横っ飛びで触りに行くが届かず1点差に詰め寄る。
残りは2分とアディショナルタイム。
嫌な雰囲気が漂う。

アディショナルタイムは5分。
48分の新潟。
レオナルドが納めてディフェンスラインの裏に抜け出した渡邊新太にボールを送るとGKと1対1に。
今度こそ決まったかと思ったシュートはGK徳重に触られてはじき出された。
そして残りも1分に迫ろうという場面。
新潟GK大谷にボールが渡ったところで野沢洋輔がサイドラインに。
これに気づいた大谷はすぐにボールを蹴り出して交替に走る。
大谷と言葉を交わした野沢がピッチに入る。
ほんとに久しぶりに聴く野沢のチャントがビッグスワンに響き渡る。

野沢といえば思い出すシーンがある。
記憶が定かでないので年は忘れたが3月か4月のホームゲームでガンバ大阪と対戦した試合。
相手にPKを与えてしまった場面。
キッカーは播戸竜二。
すると急に激しい雪が降り始め周りがよく見えないような状態に。
そんな中で笛が吹かれ播戸が蹴る体制に入る。
野沢は右を予測してキックと同時に右へ飛ぶ。
しかし播戸の蹴ったボールはほぼ中央に。
右へ飛んでいた野沢だがこれに反応して左足をボールに当ててPKを防いだ。
凄い反応だと思った記憶がよみがえった。

だが、今日の出番は1分弱で結局野沢はボールに触らずタイムアップ。
DSC_0052.JPG

勝った喜びと契約を更新しなかった選手との別れの寂しさを感じながらビッグスワンを後にした。
来期はどうなるんだろう。

帰りにスマホで他会場の結果を見た。
驚いた。
柏が13点も取っている。
しかもオルンガが8点。
1試合に一人で8点というのは聞いたことがない。
J2得点王争いで2位にいた呉屋を軽く追い越して2位に浮上。
1位はレオナルドだが、今日得点を挙げていなかったら同点で得点王を分け合っていた。

横浜FCが2位で昇格を果たした。
羨ましい限りだ。




アディダス adidas 2019アルビレックス新潟ホームレプリカユニフォーム NEW レプリカユニフォーム HFD80-CL6347 (カレッジオレンジ) - オオミヤスポーツ 楽天市場店
アディダス adidas 2019アルビレックス新潟ホームレプリカユニフォーム NEW レプリカユニフォーム HFD80-CL6347 (カレッジオレンジ) - オオミヤスポーツ 楽天市場店
Vファーレン長崎 ユニフォーム型キーホルダー
Vファーレン長崎 ユニフォーム型キーホルダー





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント