J1参入プレーオフ 徳島対山形

12月8日日曜日。
J2で4位の徳島と6位山形の参入プレーオフ2回戦をDAZNで観た。

徳島には昨年新潟に在籍していたFW河田がいる。
河田にとってみれば移籍して正解だったということになる。
というかJ1のチームに移籍出来ればよかったのだろうが。

主審はスペシャルレフリーの村上信次さん。
髪が白い。
以前は黒髪だったと思うがほぼ真っ白。
染めているのか。
老けた印象だ。

試合は引き分けでも勝ち上がりの徳島のほうが余裕がある感じがする。
どこかのチャンスで1点奪えればかなり有利。

対する山形は勝たなければいけない。
攻撃的に行くしかない。
開始早々山形は前線のプレスから右サイド深くでボールを奪ったFW山岸が素早いクロスを入れる。
このクロスにFW出井が合わせるが徳島GK梶川がセーブ。
ポカリスエットスタジアムが一瞬凍りついた。

徳島は自陣に引いて守りカウンターのチャンスを伺う。
山形はボール回しから右、左とサイドチェンジを行いながら縦パスを入れようとするが徳島の素早い寄せに苦しんで攻撃が形にならない。
徳島はボールを持つと素早く前にパスを繋ぎチャンスを演出するが精度が悪かったり山形の守備に阻まれたりで得点には結びつかない。
前半は徳島ペースで進むが結局点は入らず0-0。
山形が徳島の守備を崩せず攻めあぐんでいる印象。

後半も同じような展開。
山形は攻めようとするがパスの精度が悪く繋がらない場面が目立つ。
サイド攻撃を仕掛けようとするがテンポが悪く前にボールが送れない。
後ろに戻すしかなくなって攻撃が形にならないのは前半と同じ。
徳島ペースの試合だ。

後半8分。
GKからのゴールキックのセカンドボールを中央付近で納めた徳島DF田向からパスを貰ったFW野村が山形DFの裏に絶妙のスルーパスを出すと、ここに走りこんだFW河田があいてGKと1対1になる。
出てきたGKの頭の上を狙っての見事なループシュートがゴールに吸い込まれる。
一瞬の出来事だった。
攻めで前掛かり気味の山形DFの裏を狙っての抜け出しも見事。
徳島1点先制で試合を有利にする。

山形は勝ち上がるためには2点を取らなければならなくなった。
この時点でまだ残り時間は35分以上ある。
落ち着いて責めたい山形だがなかなかパスが繋がらない。
前線にボールを運べない。
徳島が自陣でブロックを作って中央のパスを封じている。
サイド攻撃も素早い攻撃が出来ず後ろで回す時間が長くなっている。
だんだんと残り時間が削られていく感じ。

後半30分の山形。
失点後MF山田に代わって入ったMF南が山岸とのパス交換からペナルティーエリア内に侵入するも徳島のDFに阻まれてシュートを打てず。
倒されたようにも見えたが判定はノーファール。
今日の村上主審は軽い接触などで倒れても笛を吹かない。

なかなかチャンスが作れない山形はパワープレイに出る。
ロングボールからのセカンドボールを狙うが徳島DFヨルディバイスが強い。
ヘディングで跳ね返しセカンドボールが拾えない。

後半43分の山形。ペナルティーアーク付近でヨルティバイスがパワープレイで前線に上がっていた山形DF栗山を手で押してしまいFKを獲得。
このFKをMF中村が直接狙うがボールはゴール右上に外れてしまう。
これで終わったと思った。
アディショナルタイムは長めの6分だったがロングボールは跳ね返されセカンドボールを奪えずそのままタイムアップ。

徳島の守備ブロックを山形の攻撃陣が崩せなかった。

徳島はJ1参入を掛けて14日に湘南と対戦する。
J2はもちろんJ1の試合も最終節を終え残りはこの試合のみ。
ちょっと楽しみな試合だ。




【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!



J1 ユニフォーム 半袖 徳島ヴォルティス ブルー メンズ tシャツ サッカー レプリカ ファン制服 印刷可能 XL
J1 ユニフォーム 半袖 徳島ヴォルティス ブルー メンズ tシャツ サッカー レプリカ ファン制服 印刷可能 XL
FLAGSTOWN(フラッグスタウン) モンテディオ山形 ニットマフラー 13FW-029 Fサイズ ブルー
FLAGSTOWN(フラッグスタウン) モンテディオ山形 ニットマフラー 13FW-029 Fサイズ ブルー


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント