テーマ:ランニング

マラソン大会(3)

台風19号のせいでエントリーしていたマラソン大会が中止になった。 致し方ないことなのだが。 自分の中で無念さがじわじわと出てきている。 今年は足の痛みが出てトレーニングがうまくできなかった。 それでも何とか出場できるかなというところまでこぎつけた(つもり)。 大会前の気分の高揚もありまた、初めての遠征での大会でもありワクワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン大会(2)

エントリーしていたマラソン大会が中止になった。 台風19号の影響で。 10月13日日曜日が当日だったが、大会の主催者が遠方からくる参加者に配慮し早めの決断を下した。 予報は暴風雨だが当日の天候がどうなるかは誰にもわからない。 もしかしたら風はあっても晴れるかもしれないし、逆に予報以上の暴風雨で被害が出るかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン大会

今日は9月4日。 来週13日にマラソン大会に参加する。 しかし、トレーニングがほとんど出来ていない。 8月中旬にトレーニングを開始したが、直後に右脚の付け根の痛みが発生。 整形外科受診の結果は坐骨神経痛。 それから1か月脚腰回りのストレッチを続けた。 痛みが出た時は特に階段を降りる動作で右脚付け根に痛みが出ていたが、症状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経痛って(5)

さて、あの痛みが出てから1か月が経過した。 整形外科には坐骨神経痛と診断され、その後梨状筋と股関節周りのストレッチを行った。 振返って今の痛みの状況を考えると大分改善されている。 ただ、スッキリと痛みがなくなったわけではない。 トレーニングで数キロ走ると右足の付け根からお知りにかけて痛くなる。 痛みと付き合いながらトレーニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経痛って(4)

ストレッチを初めて3週間。 効果が出てきたのか痛いという感覚が小さくなっている。 変な言い回しだが。 痛みの範囲が小さくなっている。 痛みを感じる頻度も少なくなっている。 ただ、朝起きた時は腰から足にかけて動きが硬い。 元の状態に戻ったわけではない。 最近涼しいせいもあるのか。 このまま続けて回復してくれればよい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経痛って(3)

坐骨神経痛。 医者にそう診断されて2週間が経過した。 ネットの情報でストレッチに取り組んだ。 因みに医者はそんな指示はしていない。 自己責任だ。 梨状筋ストレッチを中心に行ってきたが、痛みは残っている。 再度医者に行ってみた。 痛みが緩和されていることを告げると、もうしばらく様子を見るように指示された。 出来る範…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経痛って(2)

続き さて、坐骨神経痛の原因と思われる梨状筋症候群。 ストレッチに取り組む。 ネットで調べてみると様々なストレッチの方法がある。 最初はどれがいいのかわからないのでとりあえずやってみる。 いくつか試して一番効く(というか痛い)やり方がこれ。 https://www.youtube.com/watch?v=tBkGzQ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経痛って

8月の半ばからマラソン大会に向けてトレーニングを開始した。 しかし、8月の終わり頃。 「あと2か月を切ったし、ちょっと長めに走ってみよう」と思い立ち、休日の夕方20キロを目標に家を出た。 いつもは10キロを1時間くらいで走っていたので少しペースを落として、ゆっくりと走っていたつもりだった。 ところが、12キロを過ぎたあたりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン大会に向けて

10月にエントリーしているマラソン大会がある。 東北で行われる大会だ。 新潟県ではないので遠征して参加することになる。 県外での大会参加は初めてだ。 不安なことがある。 トレーニングが出来ていない。 本来ならば走り込みを行っていなければいけない時期。 昨年までは新潟シティマラソンに出場していた。 昨年の今頃は平日は夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKE ズームフライ(4)

(3)からつづき 次にエントリーした大会は5月中旬だった。 コースは平坦。 高低差が3メートルほどしかない。 記録が狙えるコースだ。 当日は晴れ。 スタートは9時30分でその時点での気温は18度。 風もほどんどない。 今回は無理をせず、スタートから自分のペースを守って走った。 スタート時は風がないように感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKE ズームフライ(3)

(2)からつづき さて、4月中旬に行われたこの大会。 当日は晴天で朝10時のスタート時間の気温は17度と4月としては暖かい。 走っていて暑いと感じると息苦しくなるが、走り始めの気温としてはちょうど良いくらいか。 スタート直後はズームフライの推進力に任せて少しオーバーペース気味に走った。 昨年この大会はみぞれ交じりの雪が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKE ズームフライ(2)

次に出場した大会は3月で当日は雨予報。 雨でこれを履くのを躊躇した。 後がどうなるのか、ネットで特にソールの劣化が早いとの情報があったためだ。 実際、先回のフルマラソンでかかとの部分が擦り切れた感じがある。 やっと手に入れてもらった高価なシューズなのでかなり迷った。 結局、今まで履いていたシューズで走ることにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKE ズームフライ

今は誰でも履いている ナイキズームフライニット しかし、発売された当時はニット素材ではなかった。 しかも入手が難しく、どこにも売っていない。 取り扱いもゼビオスポーツのみで、ネットで探しても国内では在庫がなかった。 Amazonで台湾から発送で定価よりも高いものが売られていた。 確か、定価は17,000円弱だったと記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーミン

マラソン大会に出るために普段のトレーニングでランニングをするときに 使っているのが、「ガーミンForAthlete235j」 GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ 時計 GPS 心拍計 VO2Max ライフログ 50m防水 ForeAthlete 235J ブラック×レッド 【日本正規品】 FA235J 37176H …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン

今年もフルマラソンにエントリーしている。 しかし、トレーニングは全くできていない。 普段であればほぼ毎日夕方10キロ1時間のペースで走っていた。 ところが、ここ2か月ほど全く走れていない。 だんだんと脚が衰えていっていると感じる。 加えて心肺機能も衰えているのではと思う。 1日も早くトレーニングを始めなければと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニング(5)

(4)からつづき 初めてマラソン大会に出場した時から14年が経過した。 種目は違うが毎年エントリーして走った。 エントリーはしたが、当日腰痛で走れない年もあった。 情けなかった。 今では、年間最低4つのマラソン大会にエントリーして走っている。 10キロ、ハーフ、フルとそれぞれだが。 昨年悔しいことがあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニング(4)

(3)からつづき 大会は10月の第1日曜日だった。 天候は快晴で気温は18度くらいだったと思う。 以外に肌寒く感じた記憶がある。 その頃は、今のようにマラソン大会に参加する人はあまり多くなく すべての種目で5,000人くらいだったと思う。 スタートも混雑することもなく、今よりも走りやすい状況だった。 スタートラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニング(3)

(2)からつづき 実はランニングを始めたもう一つの理由は、弟がずっとランニングをしており、時折大会にも参加していた。 毎日体育館に通っていると、弟と顔を合わせることが度々あった。 弟から、天気の良い日は外を走ったらどう? と言われたことがきっかけで外を走ってみた。 体育館とは違う解放感があった。風当りなど屋内にはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニング(2)

(1)からのづづき いつごろからか記憶がないが、医院・病院の検査が終わって体には異常がないことを確認(でも自分の中では半信半疑だったが)したころから 「どうやったらこの不調を改善できるだろうか?」 という考え方をするようになってきていた。 めまいの原因はなにか? 体のバランスを司る内耳がうまく調整できていないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニング

ランニングを初めて15年になる。 きっかけはうつ病になったこと。 なぜうつ病になったかというと、最初は風邪をひいたことからだったように思う。 何気なしに医者に行って薬をもらい飲んだ。 次の日、ひどい下痢で会社に行けなかった。再度医者に行ったら「抗生剤を処方したので副作用でしょう」とサラリといわれそのまま飲み続けるようにとの指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more